ログキャビン

566-1566-2566-3566-4566-5566-6566-7566-8566-9566-10

ログキャビンは1800年代の古い時代から縫い継がれているパターンです。
多くは1900年以前の作品ですが、世紀を越えて1920~30年代の明るいフィードサックで
縫われたログキャビンもあります。
アメリカで長い間愛されているこのパターンに、人々のログキャビンへの思いを感じます。

ログキャビンのセンターピースには赤く燃える暖炉の赤を表現するファブリックが置かれることが
多いですが、こちらのトップにはかわいい花柄模様のファブリック。
他にもたくさんの、この年代の魅力的なファブリックが使われています。

昔の家事は大変で、主婦は忙しく、このトップを縫った女性も他のもっと大事な家事に追われて
キルトに完成することができなかった、とアメリカのセラーは推測しています。
そして、使われているのは彼女が家族のために縫ったシャツやドレスやエプロンの
残り布でしょう、とも。
キルトトップが語ることができれば、このトップが生まれた家庭の話をしてくれるに違いないと、
そんなユニークな説明とともに、このトップは日本へやって来ました。

縦と横にそれぞれ7個と6個の、合計42個のブロックで構成されています。

商品番号 TLC-566
商品名 ログキャビン
価 格 29,000円
制作年代 1930~40年代
サイズ(約) 211x178センチ
ニードルワーク ハンドピーシング
コンディション 目立つダメージは、ありません

この商品についてのお問い合わせ・ご注文はこちらから

は必須項目です。

商品番号
TLC-566
商品名
ログキャビン
価 格
29,000円
お選びください
あなたのお名前
フリガナ
メールアドレス
(例:example@dees-antique-quilt.com)
郵便番号
(例:441-3614)
都道府県
市区町村・番地
(例:田原市保美町南13)
電話番号
お問い合わせ内容
お問い合わせをご希望の方はこちらへ内容をご記入ください。

個人情報保護について

魔女イメージ
  • アンティークキルト1930年代
  • アンティークキルト1800年代
  • キルトトップ
  • ショップ紹介
  • ご注文方法
  • エッセイ