アイリッシュチェーン

556-1556-2556-3556-4556-5556-6556-7556-8556-9556-10

第二次世界大戦中にイリノイ州リッジウェイでセセリア・バルター(Cecelia Valter)と
その母によって縫われたキルトです。
写真に写っているのはセセリアと夫のピーター。
リッジウェイで大変地位の高い立場の人だったそうです。
写真が1906年の撮影となっていますので、キルトの製作はそれから約30年後ということになって
お母様がお元気でいらしたのか、もしそうならかなりご高齢ということになります。
キルトはセセリアのお孫さんによってよく管理されていました。
お孫さんからフロリダのディーラーに渡り、Dee’s アンティークキルトショップに
やって来ました。

セセリアは上流家庭の良き妻というイメージが写真から伝わって来ますが
キルトの製作においても、かなりの腕前を持っていたのでしょう。
でなければ、このような小さなサイズのピースを繋いだ作品には挑戦しなかったと思います。
スクエアピースの1辺は、約1.2〜3センチ。(半インチを意識したと思います)
製作者の技術の高さを証明する、素晴らしいクオリティーのキルトです。

商品番号 QIC-556
商品名 アイリッシュチェーン
価 格 51,000円
制作年代 1930年代
サイズ(約) 200x177センチ
ニードルワーク ハンドピーシング、ハンドキルティング
バッククロス ホワイトのコットン
コンディション 少しのピースに擦れ、また縁取りに軽い擦れがあります

この商品についてのお問い合わせ・ご注文はこちらから

は必須項目です。

商品番号
QIC-556
商品名
アイリッシュチェーン
価 格
51,000円
お選びください
あなたのお名前
フリガナ
メールアドレス
(例:example@dees-antique-quilt.com)
郵便番号
(例:441-3614)
都道府県
市区町村・番地
(例:田原市保美町南13)
電話番号
お問い合わせ内容
お問い合わせをご希望の方はこちらへ内容をご記入ください。

個人情報保護について

魔女イメージ
  • アンティークキルト1930年代
  • アンティークキルト1800年代
  • キルトトップ
  • ショップ紹介
  • ご注文方法
  • エッセイ